車買取店選びのポイント

高額査定を出す買取店の選び方

Q,高額査定を出してくれる買取店選びのポイントや選び方ってなんなの?

A,ネットでの一括見積もりを利用した場合、掲示される金額は記事"当日"に書いてある、一切減点のない相場価格を基準にしています。

実際に買い取りを行う場合、車を見ないと買い取り額はわかりません。
しかし、会社によって方針が違いますからメールで提示される金額に違いが出てきます。

メールでの提示額が大きいからと言って、買い取り額が高いとは限りません。

さて、買い取り店には大きく分けて2種類有ります。

  • 買い取った車を業者の参加するオークション・業者間販売を中心とした買い取り業者と
  • 自社の小売り部門にて販売することを中心とした業者です。

絶対ではありませんが、自社に小売り部門がある方が買い取り額をより高額にするのに有利となります。

これは中間マージンが少なく販売する事ができるからです。

以前、大手の業者のほとんどは自社の小売り部門を持たなかったため、表面上綺麗であれば細かいところは気にせず買い取っていました。多少買い取り価格が安くても、ディーラーでの下取り価格よりも殆どの場合高額になったためです。

買い取り専門店が増えてきた現在では、少しでも高価に買い取りをしてもらおうとお客様が多数の買い取り店で、価格の比較を行うようになってきました。ネットを利用した一括見積もりもその1つです。

それでは、お店選びのポイントをいくつかお教え致しましょう。

1. 細かく話を聞いてくれるかどうか。

車のチェックをしたその後に、こちらの話を殆ど聞かずいきなり額を提示してくる業者さんは、あまり好感が持てません。

買い取り業者のスタッフだからと言って、完璧にその車の状態を短時間で把握するのは難しいのです。ですから普通は、お客さんとの話から車の状態を判断します。

それをしないですぐに価格を提示するのは、後から状態が悪い事が分かっても利益が確保出来る金額を提示している=買い取り額が安いわけです。

2. 人気車種を買い取り依頼する場合。

実は買い取り店の小売り部門で販売しているのは、殆どの場合人気色や人気グレードとなります。

人気のある車種の人気色・人気グレードならすぐに売れて在庫する期間が短くなります。より利益の高い自社の小売り店で販売する事が前提なら、より高額で買い取る事が出来ます。

お売りになりたい車種が人気車種・人気色・人気グレードでしたら、小売り部門を持っている買い取り店に査定してもらった際の初期提示価格を、他店と比較する基準にしてみましょう。その上で、スタッフと良く話し合いをして下さい。

(小売部門がある大手買取店:アップル・ガリバーなど)

3. 不人気車種での買い取り依頼。

不人気車・不人気色や不人気グレードの場合、小売価格は人気のあるそれと比較して安価になります。

高値で買い取ってしまうと、小売りするにしても在庫期間が長くなった場合不利となります。業者間での販売をしても相場価格が低いため、買い取り価格が高いと利益が少なくなります。

こういったお車を買い取って頂く場合、お店ではなく店員をチェックします。

利益が低くても決済する権限を持つ店員、例えば店長クラスとお話しする事が出来れば、貴方が丁寧にお車に乗っていた事などを必ず評価してくれます。

参照:前日までの準備

不人気車の場合、店長が「何とか売る事が出来て、会社に利益がある」ギリギリの額を提示してくれる可能性が高いのです。

人気車種の場合は利益が一定に確保出来る事が分かっていますので、実は普通のスタッフでも店長でも引き出せる額に差はあまりありません。

どれにも共通しているのは、買い取り店も利益を追求する企業ではありますが人対人ということ。

買い取り店のスタッフは、車だけでなく貴方の事も良く見ています。

『買取店経営者に聞きました』の関連ページです。