車査定の相場

車査定の相場は店頭価格でより分かる

Q,具体的な買取相場を査定前に知ることは可能ですか?

A,始めに、全てのお車に当てはまるわけではなく、あくまで目安であることをお断りしておきます。

ご自身のお車を査定に持って行く前に、どの程度の価格が提示されたら「適正」と判断して良いのかをある程度分かった方が良いですよね。

買取店へ売却されたお車は、自社の小売り販売店または自動車オークションへ流れます。

業者間で売買が行われるオークションの販売価格が、業者相場(※以下業販相場)として一般的な流通価格の基準となります。

一般的な店頭表示価格100万円前後の人気車の場合、そこから-15万~-20万円程度が業販相場の平均値といわれています。

買取店はユーザーから買い取った車を、オークションに売りに出した時点で利益を上げる必要があります。当然ですがその相場以下の値段でユーザーからの買い取り価格を設定します。

これは会社の方針によって変わってきますが、一台当たり-10~20万円程度を設定しています。

つまり店頭価格100万円前後の人気車ならば、およそ60~75万円が買取値の基準となります。

ここから人気・程度の差などで最終的な買取価格が決まります。

店頭価格が高価な高級車は、在庫する期間が長くなると金銭的に負担がかかるので、通常小売店の利益は大きく取り業販値との差額は大きくなります。

店頭価格200万以上の車では、店頭価格-20~-60万が業販相場です。

買取店の利益を15~20万前後として、買取価格の基準値は120~165万となります。
(マイナス35万から80万が平均値)

買取価格の振り幅が大きくなってしまいますが、これは高額な車の場合、人気により業販価格が左右される傾向だからです。人気車種ほど早く売れるので、粗利は大きく取らなくても良い方向とお考え下さい。

逆に、すぐに売れるとは限らない特殊な外車や変わり種・不人気車では、粗利の幅はもっと大きくなります。

極端な例ですと、フェラーリなどは店頭価格-200~-300万程度が業販値だったりします。

また、外国車の業販相場では、店頭価格が全く参考になりません。

ウィークポイントなどの修理や改善をある程度見越して業者間では取引されますから、
店頭価格が200万だからといって高額で買い取って頂けると思ったら、驚きの低価格と言うこともありますのでご注意を。

金額の安い軽自動車も粗利の率が違います。

よほどの不人気車以外は、軽四の業者間での取引は活発で、すぐ売れてしまいます。

通常軽自動車を一台小売りした場合の粗利は10万円以下が殆どで、同様に買取店の利益も小さい方向です。

店頭価格70万円前後の軽四では、40~55万円程度が基準価格でしょう。

『買取店経営者に聞きました』の関連ページ