車売却時の還付金や必要書類

売却先を決める前の注意点や必要書類の確認

Q,契約書類や金額について確認すべき点はありますか?

大切にしてきたお車の売買が決まりました。
買い取り金額にも納得がいきました。

ここからは細かい注意事項を記させて頂きます。

還付金(戻ってくるお金)の確認

お車の金額以外に、自動車税・リサイクル料金・自賠責保険・重量税について。

・車検残がある自動車の譲渡を行った場合、そのお車にかかるその年度の自動車税は4月1日現在の車検証上の使用者に納税義務があり、原則として5月末を期限に支払います。

中古車の売買をした場合、売買契約月を含まない翌月からの自動車税は買った方が負担するルールがあります。

期限内に支払いを行った自動車税は、年額の残を月割りで買った側が負担する必要があります。

ただし、軽四輪の場合は自動車税の月割り制度がございませんので、年度途中での売買でも買った側に負担義務はありません。

・リサイクル料金は、新車購入時の所有者が資金管理法人(自動車リサイクル促進センター)に規定の額を支払います。

売買などでお車を譲渡した場合、このリサイクルも譲渡する事になります。
リサイクル券に記された金額をそのまま買った側が支払います。

上記2点が支払総額に含まれていない場合、必ずその分を上乗せするようにお話し下さい。
これは当然の権利です。

自動車重量税・自動車自賠責保険についても本来は譲渡ですから、車検残で月割りすべきなのですが、殆どの場合「車検がこのくらい残っているから○○円上乗せします」という形で車両本体価格にプラスで含まれています。

通常、売却時では請求できない物とお考え下さい。

しかし、一部の業者様では、車両代金を算出後、車検残の長短で自動車重量税○○円・自賠責保険○×円と契約書類に記載する場合もございます。

所有権解除について

お車をご購入の際、分割での支払いをした場合は所有者と使用者が別々となっており、所有者が自動車販売店の名義になっている場合がございます。

分割金の支払いが全て完了していれば、所有権解除の手続きは「所有権解除依頼書」に実印での押印と印鑑証明を一通添付する事で問題なく所有者の発行する、名義変更に必要な譲渡証明書と委任状を手にする事が出来ます。

ごく希に所有権解除代行費用として、買い取りの支払額から手数料を引かれる事があります。

手数料が高く納得がいかないようでしたら、車の名義を持つ販売店に「所有権解除依頼書」と印鑑証明書を郵送する事で、無料にて前述の譲渡証明書と委任状は送付して頂けます。

また、割賦金額に残金がある自動車の買い取りでは、ローン会社に残の一括返済を行う必要があります。
これを行わないと現所有者から所有権解除をしていただけません。

ローン会社へはご自身で連絡をして先に一括払いで決済する事も出来ますが、買い取り店へ委任して手続きを取って頂く方が手間が無く無難です。

買い取り店の支払額からローン残高・各手数料を相殺した金額を受け取る事となります。

この場合は買い取り店にその代行をお願いする形となりますので、場合によっては手数料がかかります。

蛇足ですが、ローン残高が買い取り価格より大きい場合、差額を一括返済出来ないと所有権解除をしていただけないので譲渡する事は出来ません。

車売却時の必要書類のおさらいです。

A.所有者がご本人の場合
1. 車検証
2. 自賠責保険証
3. リサイクル券
4. 譲渡証明書(実印での押印)
5. 委任状(実印での押印)
6. 自賠責保険譲渡証(義務ではありません)
7. 名義人の印鑑証明書
B. 所有者が販売店・ローン会社の場合
1. 車検証
2. 自賠責保険証
3. リサイクル券
4. 所有権解除依頼書(実印での押印)
5. 使用者の印鑑証明書
6. 割賦金額精算の書類(会社により異なります)
譲渡証・委任状は所有者名義で用意する事になりますので、必要ありません。

印鑑証明書に記載の住所が転居などにより異なる場合は、前住所の記載がある住民票を添付。
二度以上引っ越しを行った場合は付票を取得し、前々住所など記載されている事。

『買取店経営者に聞きました』の関連ページ