車売却の注意点

車の売却契約時の注意点

Q,車の売却先が決まった時、業者に確認しておくことや注意すべき点はありますか?

名義変更の期日を決めて頂く。

特に年度末など税金の発生する時期が絡んだ場合、いつまでに名義変更または抹消登録を行って頂けるかを明記されていない業者には注意します。

また、名義変更が完了したらお知らせ頂ける様にお願いした方がより安心です。

名義変更書類は先に渡さない。
自動車業界では「名義変更書類と引き替えに現金の支払いを行う」習慣があります。

車体を引き渡す前に「名義変更用の書類を先に下さい」と言われた場合は、契約を解除し自動車・書類の引き渡しを拒否したほうが良いかもしれません。

書類を渡してしまえば車を現金化する事が可能になってしまいます。
車体を渡してないからと言って安心は出来ません。

例えばスタッフが個人的に小遣い稼ぎをするために、お客様には安めの査定を出しておき、他の車屋さんなどに買い取りを打診してしているケースがあります。

車屋さん同士では前述のように書類と引き替えで現金の支払いがありますから、他の業者に書類を渡した時点でお金が入ります。

そこから自分の小遣い分を引いてお客様に渡せばいいのです。
個人的な小遣い稼ぎをする場合、車の代金をスタッフが立て替える必要がありますが、お客様から先に書類を頂ければ立て替える必要がなくなるわけです。

JAAIの会員か。
日本自動車査定協会(JAAI)の会員であれば、査定士は適正な査定を行っています。

別記事で書きましたように、事故車の基準は骨組みの修正を行っているか否かです。

ユーザーさんがそれを知らないのを良い事に
「あ~、フェンダー交換してますね。事故扱いになります」などと言いくるめて査定額を引き下げる事はとても簡単な事です。

この三つは重要ですので、必ず注意するように心がけて下さい。

『買取店経営者に聞きました』の関連ページ