車査定の準備

査定日、前日までに行っておくこと(高く売るための準備)

Q,高い査定額を出してもらう為に、査定日前日までにしておく事は何ですか?

A,大切なお車を手放すことになったとき、少しでも高い金額を付けて頂きたいと思うのはごく当たり前の事です。

ここではどんな事に注意して、何をするのが良いかを1つずつ具体的に述べていきます。

査定に大きく影響する、掃除をしておく箇所に注意!

よく言われるように洗車をして、ワックスを掛ける。室内の清掃をする。
これは当たり前の事ですね。

ただし、この際に一番注意をしなくてはいけないのは、見た目をピカピカにする事ではありません。

業者さんが見るであろうポイントを絞って、そこを重点的に綺麗にすることが大切です。

注意すべき点は3点あります。

まず、一番気にしなくてはいけないのが、車内の匂いです。

これがあると、少なくともエアコン関連、もしくは内装の丸洗いなどを必要とするため,その額を確実に引かれます

今はファブリーズなど消臭には強力な武器が市販されておりますので、これを駆使して匂いが残らないようにします。

・エアコンを停止した状態で吹き出し口から、消臭剤を吹き込むと効果があります。

・シートは固く絞った濡れぞうきんで全体を拭いて下さい。これだけでずいぶん変わります。

・また、シートの下には掃除機やコロコロをかける事。食べ物のカスやゴミが異臭を放っている事は良くあることです。

次に、清掃やワックスがけを行うときは、綺麗にすべきポイントを絞ること

外観のチェック・内装のチェックの際、目につくポイントを必ず綺麗にします。

普通の人はボンネットやルーフ(屋根)ドアやフェンダーのボディを、これでもかというほど磨きますが、実はここは重要ではありません。

業者さんは買った車の状態を確認するため、必ず一度は洗車ワックスを行います。

ですから、程度の善し悪しの判断は、ボディにかかったワックスなどではありません。

この部分は極端に汚れていなければOKです。実際、ガソリンスタンドの洗車機で洗ってきたくらいでも大丈夫です。

よって、綺麗にすべき重要なポイントは、
1. ドアを開けた開口部のサッシやドアキャッチ金具が付いているBピラー(4ドア車のCピラー)とステップ部分などいずれもドアを開けないと見えない部分。
(※ピラーとはドアを開け閉めする際の内側部分です。)
2. ボンネットとトランクのキャッチ金具近辺とサッシ。
(※サッシとは全体の枠(回り)の部分です。)
3. ハンドル周りのスイッチ類。
4. ドアポケットの中。
5. 足下のアクセルペダル右の内装部分。

1. 2.はボディの歪みや程度を判断するため、必ず開け閉めを行い、ドアキャッチ金具の取り付けなどを確認しますので、この周りが綺麗な事はかなり好印象となります。

3. 4. 5.が綺麗にされているのも、同様に使用方法が丁寧に感じられます。

3.4.5.の清掃には、ホームセンターで売っている「パーツクリーナー」というアルコール系のスプレーが有効です。

これは油分を分解するものですから、手垢にも効果があります。振りかけてティッシュやウエス・タオルなどで拭き取ります。

『出てきた掃除グッズのまとめです。』
・ファブリーズ(エアコンの消臭に)
・コロコロと掃除機
・パーツクリーナー(ハンドル周りなどの油落としに)
・ティッシュやウエスタオル(ぼろ布)・雑巾

必ず見られる!ダッシュボード内の整理整頓

最後に、その車を購入してから現在までに入手した関連書類がダッシュボードに入っていると思います。それを綺麗に整理する事です。不要と思われる書類も、揃っている事により査定に影響します。

具体的に揃っていると有利な書類は、
1. 新車時に付いている取扱説明書と、ディーラーのマークが入った車検証入れ。
2. 車検時の整備記録、車検以外で行った整備の記録簿。
3.前年度・当年の自動車税納税証明書。

1.が中古で購入した車両に付いているのとそうではない場合、当然ですが次に乗る方にとって大きな差になります。

2.整備の記録は殆どの方が車検証に入れたままゴチャゴチャになっていることが多く、売却の際にはそのままにしているか、ゴミ扱いで捨ててしまいます。これを年別に綺麗に揃え、必要ならクリップなどで纏めてから車検証入れに入れます。

3.の納税証明書は前年度・当年以外の物は不要です。逆にこれは捨てたほうが良いです。

特に1.2.はいずれも業者間のオークションに出品するとき、備考に書くことにより付加価値を高く見せます。

業者は備考欄を必ずチェックしますので、整理されていると印象が良くなります。

3つの査定に影響する大きなポイントで述べさせて頂きました。

大切なのは自分が中古車を購入する際にゴチャゴチャだったり汚かったりしたら印象が悪くなる部分、これは業者さんから見ても同じです。

実は愛着を持って大切にお車に乗ってきた方は、この部分が言われるまでも無く綺麗にされているのです。

『買取店経営者に聞きました』の関連ページ